永久脱毛が体に悪い!?副作用やトラブルまとめ

永久脱毛は基本的に体に悪い作用はない!

美容外科などのクリニックで行われているムダ毛を除去する施術は、医療用レーザーにより毛根を完全に破壊するために永久脱毛とも呼ばれているほど効果的です。このために肌への負担も大きくなりますが、基本的には身体に悪い副作用はありません。

これは、日本医学脱毛協会でも公表しており、赤外線とは違うために皮膚ガンなどの病気になる心配はないとしています。また、仮に肌トラブルが生じたとしてもその場で治療が行われるので、深刻な事態になることはありません。

永久脱毛による副作用

永久脱毛で使用されるレーザーは、毛包に届く程度のパワーを有していますから、副作用は起こりにくい仕組みになっています。
赤み、炎症などが起こる可能性はありますが、これはカミソリを使用した自己処理にも言えることでしょう。
ムダ毛処理はどのような方法であっても、肌トラブルが発生する可能性はあるのです。

毛膿炎、いわゆるニキビに関しては一時的に発生しやすくなりますが、しっかりと保湿しておけば安定するでしょう。
万が一炎症が進んでいる場合は、飲み薬・塗り薬などを使用して処置をします。
脱毛という行為は軽い火傷のような症状であり、施術後に肌が弱くなってしまいます。
クリニックでは事前にカウンセリングをしてから施術をしますが、施術後の保湿ケアも徹底してください。

永久脱毛で汗が増える?

美容皮膚科クリニックで受けられる永久脱毛施術は、エステサロンで行う脱毛に比べて施術効果が高く、医師の元で施術が受けられるので副作用などを心配する必要がないので口コミ人気が高いですが、中にはムダ毛の処理を行うことでワキ汗が増えてしまうと勘違いしてしまう方も少なくありません。しかしこれは全くの間違いで、むしろワキガの症状のある方は、ワキのお手入れをしっかり行う事で体臭の発散が起こりにくくなり臭いを抑える効果があります。

永久脱毛で起こる肌トラブルとは?

医療レーザー脱毛による永久脱毛を受ける場合、安全だとはいわれていますが肌トラブルが起こる確率は0ではありません。特に敏感肌の人やアトピー肌の人はとてもデリケートで刺激に弱い状態ですので、レーザーの熱によって肌が火傷のような状態を起こすことがあります。赤みが見られる間は肌の炎症が治まっていませんので、鎮めるためにしっかりと冷却を行うことが大切です。熱が引くまでは肌中の水分がどんどん蒸発して乾燥してしまいますので、保湿対策を入念に行う必要があります。
安全に受けるためにはカウンセリングで肌の状態をきちんとチェックしてもらい、何か不安なことがあれば事前に相談しておくことが大切です。正確に把握してもらうことで安全性が増します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です